財産評価・遺産分割・事業承継・地代家賃・立退き・交換・売買・鑑定評価・有効利用・再開発コンサルティング
不動産相続・借地借家問題の相談室 大阪府大阪狭山市のラウム総研 不動産鑑定士事務所
不動産相続・借地借家問題の相談室

不動産の相続問題や借地・借家問題に関する悩みの解決や疑問に対して
不動産と相続に精通した専門家(不動産鑑定士等)が的確にアドバイスして
あなたの悩みや問題解決をサポートいたします。

 
HOME お問い合わせ

HOME

相続問題・相続対策のご相談

相続不動産の総額が知りたい
相続不動産を分割 したい
物納ができるか知りたい
権利付物件をどう処理したらいいか
事業承継のため資産を移し換えたい

借地・借家問題のご相談

地代(家賃)を値上げしたい
貸し宅地(底地)を売りたい
貸し宅地(底地)と借地権を交換したい
明け渡しを求めたい(立退き料は?)
古家をマンションに建替えたい

こんなときに鑑定評価/
料金案内

売買/交換/担保余力
資産再評価/税務申告
立退補償/地代・家賃
相続財産/共有分割

弁護士・税理士の先生へ

事務所案内

お問い合わせ

相続・借地問題を考える
BLOG

こんなとき鑑定評価
〜こんなとき、鑑定評価がお役に立ちます〜

○ 不動産を売却、購入又は交換するとき

 不動産を売ったり、買ったり、又は交換するときは、その適正な価格を知っておくことにより、相手から提示される金額や条件の妥当性を判断することができます。特に規模の大きい土地、形状の歪な土地など個別性の強い不動産や権利の絡みあっている不動産の取引にあたっては、鑑定評価が有用と言えます。

○ 不動産を担保にするとき

 不動産を担保に融資を受けるとき、「鑑定評価書」があれば融資額の予想が可能で便利です。逆に担保を取るときには、評価額がはっきりしている事が必要です。また、工業財団を担保にするときには、機械装置などを含む鑑定評価が必要ですし、「鑑定評価書」は各金融機関から高い評価を受けています。

○ 相続や遺産分割をするとき

 相続財産が不動産の場合、(複数の)不動産を適正に評価して、相続財産額を確定する必要があります。相続人間の公平な分配割合を定め、遺産の分割協議を始めるとき、また、共有の不動産を分割する場合においても、分割のあり方等を含めて適正な資産価値の把握が重要となります。

○ 裁判や課税上の不服申立てのとき

 確定申告あるいは課税上の不服申立てなど税務署に提出する書類や、不動産の価格や賃料に関して裁判上の争いとなった場合の資料として、鑑定評価やその手法がお役に立ちます。

○ 企業用資産の再評価するとき

 企業会計においては、時価会計基準がスタンダードとなり、保有不動産の再評価により適正なバランスシートを公示することが求められています。 不動産のポートフォリオの最適化、また不動産リスクの低減化のため、企業用資産の再評価が必要です。


鑑定評価の料金について
〜宅地又は建物の所有権の場合〜

評価額

報酬額(税別)

摘要

2,000万円まで

181,000円

個別案件ごとにお見積もりいたします。
簡単な更地(一般的な住宅地など)評価は、150,000円(税別)で承ります。
意見書(簡易な評価書等)は80,000円より承ります。

3,000万円まで

211,000円

5,000万円まで

253,000円

8,000万円まで

313,000円

1億円まで

351,000円

お問い合わせはコチラ


不動産相続・借地・借家問題の相談室 大阪府大阪狭山市のラウム総研
当サイトは、リンクフリーです。
上のバナーをご使用ください。
有限会社ラウム総研
不動産鑑定士事務所

RAUM

所在地:〒589-0022 大阪府大阪狭山市西山台1-24-13
TEL:072-360-2751 FAX:072-360-2752 
e-mail:raum21@af.wakwak.com
URL:http://www.raum-soken.com/


Copyright (C) 不動産相続・借地・借家問題の相談室 ラウム総研 不動産鑑定士事務所 All Rights Reserved.